『除菌・消臭』効果で注目の銀イオン(Ag+ エージープラス)のポータルサイト

トップページ > 学術情報 > 銀イオン 研究機関紹介

銀イオン 研究機関紹介

新日本空調株式会社

http://www.snk.co.jp/index.html

独自のエンジニアリングシステムで、空気・水・熱の基本要素をはじめ、発電や電気設備に至るまで、空調に関する全ての要素を取り扱っている。研究開発の保有技術として、エアワッシャなど水の循環使用を行う空調設備や気化エレメントにおけるレジオネラ属菌、一般細菌、真菌などの繁殖対策としての、銀イオン、銅イオン、ならびに残留塩素の殺菌効果を用いた循環水殺菌法を開発。

神奈川県衛生研究所

http://www.eiken.pref.kanagawa.jp/

感染症の予防、食品の安全確保、医薬品や家庭用品の安全確保、快適で健康な生活環境の確保等、県民生活に重要な課題についての検査や調査・研究に取り組んでいる。「銀イオンによる消毒効果の研究」など一連の研究発表あり。

株式会社いらご研究所

http://www.irago.co.jp/

無足類(ウナギ・アナゴ・ハモなど)の種苗生産技術開発をする機関。ウナギ卵・仔魚の飼育における銀イオン添加についての研究発表あり。

藤田保健衛生大学

http://www.fujita-hu.ac.jp/

医療系総合学園を目指して、昭和39年(1964年)9月24日設立。「透析用消毒剤としての銀イオン水の可能性」などの研究発表あり。

一般社団法人抗菌製品技術協議会(SIAA)

http://www.kohkin.net/

抗菌剤・抗菌製品の性能や安全に関する統一した規格・基準等の「自主ルール」を定め、よりよい品質と安全性を確保した抗菌剤と抗菌製品の提供と普及を目的としている。「抗菌剤の種類, 特徴とその動向」などの研究発表あり。

鹿児島県環境保健センター

http://www.env.pref.kagoshima.jp/houshasen/kouhou/k05.html

環境行政及び保健行政を科学的かつ技術的側面から支援するため設置された中核的な試験研究機関として環境放射線、大気汚染、水質汚濁、食品衛生などに関する測定と調査研究を行っている。「銀イオンによるレジオネラ属菌の消毒方法及び迅速検査法の確立」などの研究発表あり。

株式会社シナネンゼオミック

http://www.zeomic.co.jp/

無機抗菌剤の商品化第一号となる「ゼオミック」を昭和59年に発売、無機抗菌剤のパイオニアとして、先進の研究開発技術を提供している。「銀イオンと各種アミノ酸の反応」などの研究発表あり。

秋田大学工学資源学部

http://www.eng.akita-u.ac.jp/main/

地球環境と調和のとれた資源学と、豊かな人間性を支える工学の発展に寄与できる技術者および研究者の養成を目指す。「銀イオンと各種アミノ酸の反応」などの研究発表あり。

朝日大学歯学部総合歯科学講座保存修復学研究科

http://www.asahi-u.ac.jp/dpt/f_dn.html

高い倫理観と人間に対する深い洞察を身に付けつつ専門的な知識や技術を修得することによって、地域にとどまらず、国際社会にも通用する歯科医師の育成を目指している。「銀イオンを応用したインプラントの抗菌効果について」などの研究発表あり。

日本イオン株式会社

http://www.japan-ion.com/

1954年日本で初めて銀イオンの抗菌効果に注目して、銀イオン殺菌装置を発売。以来、さまざまな金属イオンの応用機器を研究開発している。

学術情報